まだ暑い!夏服を秋っぽくコーディネートするコツ

苔の上に置かれたフェイクファースヌード

季節を先取りすると、あか抜けて見えるのがファッションの法則。しかし暦では秋のはずでも、暑い一日は秋服なんて着てられませんよね! そこで涼しい夏服を「秋っぽく」始める、簡単なコツをご紹介いたします。

「足元」を秋冬仕様にチェンジ♪

暑い日には無理に秋服を着ないで、服は全身夏服でコーデを作れる方法があります。ポイントは足元をチェンジ!「素材・生地感」を秋冬素材に変えるだけでイメージが変わるんです♪

たとえば、サンダルをスウェード素材のパンプスにしたり、スニーカーならレザー素材のスニーカーをチョイスするとグッと秋っぽくなります。パンプスの場合は足首の肌を隠す丈のソックスを選ぶと、薄着のイメージが控えられ季節感のある印象に。

さらに素材だけでなく「色」もポイント。秋を連想させるブラウンやボルドー、カーキなどの“ダークカラー”を選ぶことで、季節の移り変わりを演出できます。

秋冬素材の「帽子」をプラス

帽子をコーデに加えて、季節感を変えるテクニックもあります。こちらも「足元」と同様に、服装は夏でも大丈夫。帽子の「素材」を秋冬使用にするのがポイントです。

レザーやウール、ニット素材などが狙い目。コーデュロイやベロアなど、織り方に温かみがある生地も、ぐっと全身の印象は衣替えされます。

シューズよりも季節感が前面に出やすいアイテムなので少々難易度は高いですが、ぴったりのアイテムが見つかれば、ワンランク上の装いに変身できちゃいますよ!

服は「ボトムから」冬素材へ衣替え

小物で秋モードを演出するのも素敵ですが、服を衣替えする順番にもコツがあります。コーデ全体のイメージを変えやすいのはトップスですが、「ボトム」から「秋冬素材」にチェンジすることでオシャレ感をキープできます。

たとえば「Tシャツ×コーデュロイスカート」といった組み合わせのように、トップスに夏らしさを残しつつ、秋冬素材のボトムスが先行く季節を演出。

素材だけでなく「色」も秋冬らしい色をチョイスすると、より夏から一歩抜き出たコーデが実現します。

コツだけ掴めば毎年のトレンドを応用させるだけ♪

季節替わりは、毎年着るものに悩む方も多いですよね。夏服に秋らしさを加えるコツさえ掴めば、毎年のトレンドを取り入れて応用するだけで、おしゃれに季節を移行できます。焦って新しい秋服を買って着こなす事もなく、新しい服選びも“自分らしく”吟味できそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です