有馬離宮で楽しめる服装が知りたい!エクシブらしいオシャレしよう♪

沢山のグラス

沢山のグラス

「エクシブ」という会員制リゾートホテルが、じわじわ注目されている近年。いざ行くとなっても、服装の情報が少なくて困りませんか。そこで何を着て行こうか悩んでる方に、ファッションライターがおすすめしたい「装いのポイント」をご紹介いたします♪

(画像はイメージです)

今回は「有馬温泉にある有馬離宮」をピックアップしました。高級ホテルだけに、もちろん優雅な着こなしがぴったり。しかし忙しい仕事の合間など、タイトなスケジュールでリフレッシュを楽しむ方も多いようです。リアルな現状の一部を、情報としてお届けします。

荷物を預けてチェックイン

ホテルのロータリーに車を付けると、明るく丁寧なドアマンが声をかけてくれます。そこで大きな荷物を預けて、駐車場へ行く流れが一般的です。

駐車場からエレベーターに乗り、大理石を基調とした通路を抜けると、エレガントでゴージャスなホテルの内装のカフェテラスとバーを横目に直進。抜けるとチェックインの手続きをする、フロントがあります。

チェックインは「到着時の服装」なので、何でも大丈夫かもしれません。とはいえ、せっかくのホリディ。きちんと場の空気にマッチさせて装いたいですよね!2019年の現状、女性は「きれいめカジュアル」が自然なムードです。もちろんコンサバテイストな服装のほうが、こなれ感を着こなせます。有馬離宮は数年前に比べて多方面からのお客様も増えているのか、デニムやTシャツのラフな方も多くおられました。

館内着は薄手とガウン

薄手のロングシャツのような館内着と、分厚いガウンの2着が、室内の棚に用意されています。大浴場は室内着で移動しても大丈夫です(2019年現在)。

大浴場は入口で名前を書く「小さなフロント」があり、そこでタオルとロッカーの鍵をもらえます。

男女同じフロントなので、館内着で出歩くことに抵抗がある女性も多いですよね。館内着の中に、インナーキャミソールワンピース(シュミーズ)を着ると、少し気分的に安心かもしれません。また館内着で外には出ず、ゆったりとしたワンピースを持参するのもオススメです。そのワンピースは「シワになりにくく伸縮性がある」と、旅行かばんにも気軽に詰めれますね!

ディナーはハイソサイティなムード

店内の内装はもちろん、メニュー内容や接客も「ハイソサイティ」なムードを意識しているようです。こちらもカジュアルな客層にマッチさせたのか、シックな接客から、若干勢いのある元気なムードに変化しているような印象。どちらにしても、上質な食事を提供してる空間です。館内着では入れません。

オシャレの気合いの入れどころとして、ぜひオススメしたのがディナー!日頃、食べる時間を贅沢に過ごせない忙しい方は、よい時間を満喫したいですよね。ラグジュアリー空間を意識した装いで、気持ちから盛りあげたディナーは格別な思い出になります。エクシブは何十か所かありますが、有馬離宮のディナーは内容から接客まで、まだがっかりしたことがありません。上品に装って挑んでも安心です。といっても装いは、スマートカジュアルやカジュアルエレガンス程度です!フォーマルな方は見たことがありません。間接照明もイイ感じなので、光物のアクセサリーが映えそう。ラフなムードで楽しむ方もおられますが、テーブル配置や天井の高さのせいか、自分のテーブルだけの雰囲気で味わいやすい店内です。

スマートカジュアルやカジュアルエレガンス・・・人気のカジュアルな服屋さんで、「上品だなぁ」と感じるあたりのワンピースやスカートルックがおすすめ。足元はパンプスに近いものベストです。

高級リゾートホテルのムードを”着こなして”楽しもう!

オフの時間のムードを、自分で高められるのが「服装」です。会員制の高級リゾートホテルに来たのだから、せっかくなので、場所のムードに溶け込んて楽しんでみて!日常から抜け出した、ゴージャスな思い出を作れるかもしれません♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です