オールブラックコーデがダサくなってない?あか抜ける3つのテクニック

服から靴まで、ほとんどの色を”黒”で統一する「オールブラックコーデ」。数年ごとにトレンドになりますが、年がら年中、人気の着こなしです。玄人感たっぷりに着たつもりが、なぜか野暮ったくなっていませんか?そこで今回は、簡単に「あか抜け」して装えるコツを3つご紹介します。ブラックコーデがマンネリしてきた方も、コーデがまとまりやすいコツを復習してみて!

【コツ①】黒が軽やかになる「足元」の抜け感

オールブラックコーデを野暮ったく見せない為に、「足首の肌見せ」というテクニックがあります。パンツスタイルなら丈感を重視。七~九分丈のアイテムや、フルレングスはロールアップすると、ちらりと見える肌で軽やかな印象を作れます。寒い季節や肌見せをしたくない方は、「ソックス」で足首にスパイスをプラス。「ホワイト」「レッド」は年中人気のカラー。また毎年変わるトレンドカラーで、旬なムードを加えても素敵♪

【コツ②】全身のシルエットが魅力的かをチェック

オールブラックコーデはバランスが大事。重見えしないコーディネートのコツは「全身のシルエットライン」です。オススメなのは、全身がほっそりとして見えるスタイリッシュな「Iライン」と、日本人ならではの欠点をカバーしやすい「Aライン」。簡単にあか抜けしやすい2つのシルエットをクリアしたら、旬のシルエットや人と差が付くシルエットで、あなたらしい個性にもトライ!

【コツ③】同じ黒でも素材を変えてメリハリを作る

オールブラックコーデは「素材」を変える事で、全身に表情が生まれます。例えば、春夏は「シフォンブラウス×コットンパンツ」。秋冬は「ケーブルニット×レザー素材ボトムス」。異素材を組み合わせるときに、“生地感”だけでなく“生地の厚み”にも注目すると、コーデの幅が広がります。

まだまだコツは沢山!奥が深いオールブラックコーデ

うまくコーデできれば、とびきり素敵なオールブラックコーデ。着る人のセンスが浮き彫りになる「難易度高め」な着こなしとも言えます。重くなりやすい「黒」を生き生きと着こなすコツを3つピックアップしましたが、毎年のトレンドによって“あか抜けポイント”は変化。ゴールの無い奥深いコーデを、あなたらしく追及して楽しんで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です