お花見デートで失敗した体験談から学んだ”モテる服装”のルール

草原で薄手スカートを着る女性の後姿

桜の花が咲き始めたら、全国で順番に「お花見」シーズン到来!そんな桜を楽しみに、彼とデートへ出かけませんか♪ しかし「花見」に丁度良いデート服なんて、何を着れば良いのかと悩むものです。そこで今回は「お花見デートで失敗した体験談・モテる服装のルール」をご紹介いたします。

綺麗に咲いている時期にしか楽しめない「お花見デート」。だからこそ、二人の記憶に残りやすいシチュエーションです。しかし服装を失敗しても、記憶は永遠に‥。そんな忘れて欲しい”失敗談”と、モテる服装のルールをご紹介いたします。どうか悲しい思い出にならないよう、ご紹介する失敗談だけは避けて欲しい!どうぞデートの前に、落ち度な無いか何度もチェックして挑んでください。

薄手スカートなら地面との距離5ミリ♥ 底冷え間違いなし

草原で薄手スカートを着る女性の後姿

歩いて見回る「お花見デート」なら問題なし。しかしベンチに座ったり、ましてはレジャーシートを敷いて座るなんてデートプランなら、お尻からくる冷えに気を付けて!花は咲いても、意外と寒い。ふんわり薄手のスカートは、地面の冷たさをチョクで頂いてしまいます。

ストールをお尻に挟んだり、手持ちのタオルを敷いたりして、冷えずに笑顔のままでいて。可能なら腰から冷えない”厚手生地”のスカートがオススメ。

黄緑色で「お餅」が完成♪ 桜と美味しそうな記念撮影

新緑を思わせるような、グリーン系のお色は春コーデにぴったりですよね!しかし「桜」を見に行く花見は別。写真を撮って振り返ったとき、「あっ・・・・桜餅」と連想したのは、自分だけではないはず。

花びらから砂利まで。思い出全部つつみこんでくれるニットパンツ

こちらも歩き回るだけのデートなら大丈夫。とはいえ公園などが多い「桜の名所」だけに、座って一息つく時間も、ロマンチックな記憶として残ります。しかし「ニットパンツ」で持って帰れるのは、記憶だけではなかったのです。ふと腰かけたお尻には、変色した花びらや、砂利やら枯葉・・・。手で払ってもなかなか取れない、公園の思い出をお土産に。

ボトムスは、細かなものを取り込みにくい生地がベスト。きれいめなアイテムは、比較的つるっとした手触りのものが多いですよね!また、カジュアルに着こなすなら、デニム生地やチノ素材。ボーイッシュな素材のアイテムでも、コーデの力で可愛らしく仕上げる事はできます。センスを活かして、トレンド感あるキュートな着こなしを目指して♪

●〇お花見デートに丁度良いボトムスがコチラから見つかるかも〇●

こっくりカラーで攻めの口紅・行き場を無くしたナイトな色気

ラグジュアリーでセクシーな唇で、彼を魅了したい(気分だった)ころ。気合いのこっくりナイトカラーな口紅で昼間のお花見デートに行きました。・・ああ、場違いな顔。思っていたよりもずっと昼間の公園って”さわやか”なんです。攻めのメイクで、ご出勤前に同伴しているお二人になりました。

月並みのモテ テクニックですが、透明感あるリップメイクや、ヘルシーなメイクが「お花見デート」に丁度良い。

お花見デートってイメージよりもアウトドア

桜を見上げるカップルの人形

失敗を重ねた結論は、お花見デートって「想像よりもアウトドア」ということ。軽やかで春らしく、可愛い服装♥ をしつつも、”こっそり防寒野外に耐える生地感”を意識。さわやかに仕上げれば、彼と楽しい時間を過ごせそうですね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です