小説

俺はインディゴ 名前はまだ無い(17)

beans

17

 

自転車のハンドルに掛けられた紙袋の中から、黒毛とユカの話しを聞いている。

どうやら俺は マモル君の家には帰れないようだ。

「チョー嬉しいんですけど。でも、入るかなぁ」

「大丈夫よ、マモルのだし、私でもブカブカだったもん」

「ありがとう! たくさん着るよ~。いい感じのジーパン、欲しかったんだよね」

 

俺はユカのものになった。

 

「マジやばかったっしょ。あの映画」

この2人の立ち話は長い。

「ネオのスローモーションみたいなの! こんなん、こんな感じで・・・わぁ出来ない」

「ねえさん、こうっしょ。・・・うぐうぅ」

「ぎゃはははは! それ、ブリッジだし!すごいね、柔らかい~。てか、道ばたでヤバいね。ほんとユカってイケてるわぁ」

「でしょ。90年代の伝説の少女ってユカのことだし」

それはテレビに出ていた、マモル君が好きな“8頭身美人”と言われている人の事だ。ユカのことでは無い。

 

「そうだ、カプセル。ユカはどっち選ぶ? 赤いの 青いのん」

「ユカ、だんぜん青。だって、赤だったら、追っかけられて怖くない?夢 見てる方が幸せじゃん」

「だよね~・・・・でも最近、こども欲しいなって思ってるんだけど、そう思うと、なぜか 赤じゃないと いけない気がするんだよね」

 

「えー、なんで?変なの」

「うん。なんでだろうね」

「三十路近いからじゃね?そんなの30歳過ぎたら、どうってこと無いし」

「そうかなぁ(・・あれ?ユカって何歳だっけ)」

 

俺の入った紙袋が、ユカの手に渡された。

 

「じゃ、そろそろ行くね」

「ねえさ~ん。夢みてた方が楽しいよ~」

 

ゴトゴトと揺れるのは、俺の入った紙袋を持ち上げて 手を振っているからだ。

この先の未来に、一抹の不安を感じる。

 

コメントを残す

*