俺はインディゴ 名前はまだ無い(18)

beans

 

18

 

ユカのものになったのだが、俺は未だ紙袋の中にいる。

隣にも同じような紙袋やビニール袋が、床に放置されているようだ。

 

あれから 何週間たっただろうか

 

今度は 段ボールの中に詰め込まれた。

周りの袋達も、俺の袋と重なり合うように詰め込まれていく。

 

 

さらに、数日が過ぎた頃だろう。

 

俺は紙袋の中から、ユカの手で取り出された。

 

「あった、あった。コレで面接キマりっしょ♪」

「それユカの? えらいデカない?」

初めて聞く声だ。

「ユカ、ベルトしたら余裕だし。メグは細いからね」

「ないない。全然細ないし。てか、履歴書は書いたん? 紹介だけど 部長、落とすときは落としそうだから・・・」

「ま、そのときは 別の仕事 探しまーす」

バッと俺を広げると、筋肉を感じさせない 柔らかな足が入ってきた。

 

「やっぱりこのデニム、いい感じじゃね? 時間あるし、丈上げしようかな。メグ、ちょっと踵みてくれない?」

「ええで。・・・・・はい留めた。どないする?うちのミシン貸しても良いけど、やったろか?」

「わー♪ お願いしますぅ。ユカ、ミシンあまり上手くできないの」

 

たっぷり折り曲げられた俺の裾には、文房具用のシルバークリップが付いている。クリップが外れないよう。珍しくメグは 優しい扱いで俺を脱いだ。

 

どこからか、メグがずっしりと重厚感のあるミシンを出してきた。鉄製で机と繋がっていないミシンは 初めて見たかもしれない。

 

俺を裏返し広げ、手慣れた手つきで線を引く。

「アイロン無しで パパッと3つ折りして縫うけど ええか?」

「うんうん。さすがメグ様、カリスマ~」

 

ダダダダダっと針が裾を一週し、少し後戻りして また前に進み、針が抜かれて俺は斜め横に引き出された。

繋がった糸をパチンと切ると、「どない?」と、誇らしげに俺をユカに見せた。

 

「チョベリグ! マジで感動 5秒前!」

「あはは、5秒前。まだ感動してないんかいっ」

 

 

俺を着たユカは、大きな髪を頭に乗せてニット帽を被った。

頬に発色の良いピンク色のものを付けると、満足そうに鏡に笑いかけ

「よし。できた」

と呟いた。

 

「気をつけてな~。遅刻したあかんで~」

部屋の奥からするメグの声を、閉まる玄関ドアでバタンと遮った。小さな自転車と一緒にエレベーターに乗り込む。降りた先の透明な扉を出ると、初めて見る街角の風景が広がった。鼻の曲がるような、生き物の匂いのする街だ。

 

自転車に乗って、今から部長のところに向かうようだ。

 

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です