小説

俺はインディゴ 名前はまだ無い(9)

beans

 

ロッカーの外から聞き慣れない声がする。どうやら笑顔の不自然な女が、誰かに話しかけているようだ。

「吐き気はする?タクシー呼ぼうか?」

「よくある事なので大丈夫です。貧血だと思います、すみません。歩けるようになったら戻ります」

「さっき雨降り出したから、もうランチ来ないと思うよ。店は大丈夫だから、今日は帰って」

マモル君に話すときと違い、飾りの無い声でも話せるようだ。ここから表情は見えないが、笑顔は今も不自然なのだろうか。

聞き慣れない声が「すみません・・」と弱々しく答えると、バタンと部屋を出る音がしてひとりになったようだ。聞き慣れない声のため息が聞こえ、その後、かすかな寝息が聞こえる。

 

数十分も過ぎた頃、ドアのガチャリと開く音がした。

「あ、びっくりした。居たんだ。どうした?」

この声は、たしか優しいマネージャーと呼ばれる人間の声だ。

「・・・すみません、貧血で。もう大丈夫です。」

聞き慣れない掠れた声が答えた。

「大丈夫か?無理するなよ。送っていこうか?」

「はい、ありがとうございます。すみません、上がらせて頂きます」

がさごそと音がして2つ隣のロッカーが開き、また閉まった。

「・・・お先 失礼します」

「気をつけてな」

 

この聞き慣れない声を、この日を最後に聞くことは無かった。

 

 

聞き慣れない声が出ていったのだろう。バタンとドアの締める音・・・・まもなく俺のロッカーが開いた。

優しいマネージャーだ。

 

俺のポケットに入っていた財布を取り出し、数枚入っていた紙の1枚を抜き出して また財布をポケットに戻すと、

 

そっと優しくロッカーを締めた。

 

 

 

コメントを残す

*