【保存版】お腹を隠したい!着痩せするボトムス選びポイント・レディースファッション編

お腹を気にする木の人形

ぽっこりお腹に段々横腹。チャームポイントして見ると可愛らしいものですが、ファッションとして見ると”隠したい”と思うが乙女心!そこで「お洋服」を賢く使って、すっきり着痩せしませんか♪

そこで今回は「お腹を隠したい!着痩せするボトムス選びのポイント・レディースファッション編」をご紹介いたします。トップスで隠すばかりのコーデだった方も、パンツとスカート選びの視点を変えると着こなしの幅がグンと広がりますよ!

必要以上に太く見せない!パンツ選び

黒いパンツルックの女性

お腹から足先までのサイズと、上半身のサイズが違う女性は多いものです。自分では11号と思っていても、下半身は13号の方が綺麗に着こなせたり…。そんなことが、年齢を重ねるほど多いようです。まず自分が思っているサイズの数字を忘れて、パンツ選びをしてみて! まれに”自分を戒める為”と、小さめのサイズを選ぶ方法もありますが、”今から着痩せ”を狙うなら「小さすぎるサイズ」は避けましょう。

”ずり落ちない程度”にゆとりあるサイズを選んで。お腹は包み込むフィット感がベストです。腰のサイズで合わせると、上手く行くことが多いですよ♪ 逆に”腰が緩すぎる”サイズ感のパンツは、野暮ったくなりやすいので注意。あえてダボっとさせたような、狙った全身コーデのコンセプトがあれば問題ありません。

平置きしたデニムパンツの膝上アップ

さらに「股上のデザイン」を試着して、横から見たシルエットのチェックできると申し分ないです。お腹のぽっこりにも、人それぞれ個性があります。股から上が浅めだったり、細いデザインだったり。似たようなデザインのパンツを選んだつもりでも、着た時の印象が変わることが。そんな問題は、服の作り手が同じなら、比較的さけれる事が多いんです。 一度似合うパンツに出会えたら、同じブランドで季節ごとに買い替えると成功しやすくなります

MEMO
スキニーパンツのような、ピタピタのパンツは着痩せ効果があるのは有名ですよね。しかし飛び出たお腹のラインを、はっきりと拾います。パンツだけでの”お腹の着痩せ”は叶わないので、トップスで隠す着こなしが必要です

お腹を目立たせないスカート選び

スカートを着たぽっちゃりしたモデルさん

ウェストからお尻までのデザインに注目すると、お腹のでっぱりを目立たせないヒントが隠れています。まずはギャザーの入り方。お腹の付き出方で、ギャザーの場所が悪いと、よりスカート全てが膨張したりすることも。逆に、ギャザーが無いので、ラップで包んだように、はっきりとお腹のラインが出てしまうこともあります。ギャザーのデザインと、”お腹のでっぱりデザイン”の相性でスカート選びをするテクニックがおすすめです。⇒●●着痩せしてトレンド感あるスカートはコチラからお探しください●●

また、そんな”スカートのデザイン”と”お腹の形”の相性を、比較的フラットにしてくれるのが「生地感」。ハリ感ある生地や、厚手で体のラインを拾わない生地。また反対にテロンとしてシルエットを固定しない生地などが、お腹の存在感を目立たせません。

黄色のタイトスカート平置き

そして、スカート全体のシルエット。これも体形の相性によるものが大きいですが、とくにお腹を強調してしまうのが「タイトスカート」。今回のテーマとは逆の例えになるのですが、マタニティ中の海外モデルさんに人気のアイテム。それは「突き出たお腹がつくる曲線美」を着こなすときに、はっきりとお腹のラインを目立たすことのできるのです。

恐れず試着するのが”似合うボトムス”への近道

お腹を気にする木の人形

たとえば「タイトスカート」は”お腹を目立たせるケースが多い”とご紹介させていただきましたが、抜群に下腹を隠してくれる一着に出会ったこともあります。やはりパンツもスカートも、ボトムスは特に試着が必要なアイテム。一度着てみるのがベストです。

購入はしなくても、試着まではトライしてみてはいかがでしょうか♪ 運が良ければ、苦手だと思っていた あのアイテムから、新しい自分を発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です