タコ焼き

小説

俺はインディゴ 名前はまだ無い(23)

beans

23   いつもに増して 赤いチークが丸く浮いた顔。ニット帽と頭の間に挟まった 偽物の髪の毛も、おろし立てで艶々としている。 仕事上がり。 ユカはトイレの鏡の前で 入念に身支度をしている。近所のビルで働くロープ […]