引っ越し

小説

俺はインディゴ名前はまだない(36)

beans

36   大きな穴が空いて数週間が経った頃、ユカとの別れが訪れた。俺はメグが持って家を出ていくようだ。 別れの日、俺はメグの手提げカバンに詰め込まれていた。   「ほんまに貰ってしまっていいん? せや […]