成長ホルモン

小説

俺はインディゴ 名前はまだ無い(24)

beans

  24   シルバーのパイプ棚に、無造作に畳まれて迎えた朝。 いつもの朝ではあるが、キッチンに立っているのがユカではない。さっきから「うわっ」と太い声と共に、ガタンゴトンと騒がしい。 ユカは目を覚ま […]