日本人

小説

俺はインディゴ名前はまだない(34)

beans

  34   俺はマイクの倉庫に運ばれた。そこでマモル君によく似た“日本人”と呼ばれる人間にまじまじと見られたのを最後に、また太陽の光が無い 箱の中での時間が始まった。   なにやら遠くへ運 […]

小説

俺はインディゴ名前はまだない(33)

beans

  33   建物の中で 俺にハンガーが付けられた。それから数十ヶ月のあいだ、沢山のパンツと共にラックに掛けられ続けたのだが、工場でも家のクローゼットでも無い空間で過ごす時間は、はじめてのことで興味深 […]