小説

俺はインディゴ 名前はまだ無い(3)

beans

(3) 家に居る以外のほとんどは、縦長いロッカーで過ごしている。朝にハンガーに2つ折りで吊されて、暗くなるまでここに居る。 湿気の多いロッカーは、吊されて居る方が俺は快適だ。マモル君はよそ行きの所作で俺を吊すという選択を […]