37

小説

俺はインディゴ名前はまだない(37)

beans

  37   新しい家に着くとそれはもう丁寧な扱いを受けた。いままで経験したことが無いほどだ。 汚れを細やかに落とされ、熱い板で凜と引き延ばす。その過程の中で隅の隅まで俺を見つめる。ニックが付けた膝の […]