501ZXX

小説

俺はインディゴ名前はまだない(32)

beans

  32   ドスンと地面に落とされた衝撃を感じたと思うと、久しぶりの光が俺の周りに差し込んできた。 トランクケースが開いたのだ!   のぞき込んで来たのは、真っ白な巻き髪がキラリと輝く女だ […]

小説

俺はインディゴ名前はまだない(29)

beans

  29   マイクが家に寄りつかずに生きていけたのは、ゆるいカーブを描く茶色の髪をしたキャロルという女の家に寝泊まりしていたからだ。 彼女はマイクよりも 10年ぐらい長く生きてきた風貌だったが、彼に […]

小説

俺はインディゴ名前はまだない(28)

beans

いつも読んで下さりありがとうございます。 更新をお待たせいたしまして 申し訳ございません。 本日 28話 更新いたしました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   28   人間の着る衣類として […]

小説

俺はインディゴ名前はまだない(27)

beans

  27   俺はインディゴ。暗い夜の海のような液体の中をくぐり抜けて、ゆっくりと目を覚ました。 その液体はインディゴ液というらしい。 何度もくぐり抜けるうちに、俺はインディゴとして産声をあげた。 & […]