エッセイ(ファッション関係)

口コミ・雑談】子ども服で買って良かったもの・ファションライターの子育て汗

子どもの服を買ってあげるのは本当に楽しいですよね! とはいえ保護者の立場になると楽しいばかりでは無いのが現実です。金額とか好みとか実用性とか……。

今回は私の場合の買い方と、良かった服を書いていこうと思います。ご家庭によって違うので、よその家がどんな感じかしら~って覗き見程度の情報としてご活用ください♪

買い方を先にお伝えすると、うちはすぐに成長するから高い服を買いません。ガンガン汚して遊んで欲しいですものね♪。2年以上は着られるようにワンサイズ大きい服。ちょこっと縫い上げるときに裁縫する姿勢も見せられるので、服を長く着る教育になってます。デザインは子どもの好みで選んで買っていますが「健康と危険の判断だけはお母ちゃんがする」と説明、これはダメという事も。この部分を少し詳しく書かせて頂きます。

健康と危険の判断

仰々しい表現になってしまいましたが、寒くない・暑くない格好の判断が健康の判断。パンツ丸見え太股むき出しじゃないコーディネート、山に行くなら長ズボンなどの危険の判断。この2つの判断が私の役割です。

健康を守る服との付き合い方は、子育てをしている方なら想像しやすいですよね。一方、危険を出来るだけ回避する服という感覚がけっこう難しいです。そもそも裸族みたいな世の中だったり、自分の欲望で他人を傷つけないよう思いやる人間ばかりなら要らぬ感覚なので明確なさじ加減がありません。

けっこう児童が好きな人間は多い

知らないうちに自分の子どもを危険に晒しているのが”子どもだから大丈夫”という傲り。児童を性の対象とする人は、いかにも怪しい人だけじゃないです。例えば慎ましやかにご夫婦で歩いている男性、実は他人の子どもに向ける目線は色目だったり。国際ニュースでは実際に2歳の子どもに痛ましい事件も起きています。

児童が好きだという人から生き辛さを相談されたこともあります。私はその時に初めて犯罪をしない人もたくさんいる事を知りました。子どもを育てている以上、存在を認識していく必要のある事実だと思います。

では足を出して歩くのが悪い事なのか、悪くありません。

何故、隠すのか、それは子どもだからです。自分で自分の身を守るには若すぎるから保護者は知恵を使うべきだと思っています。もちろん家庭によって色んな事情があり、隠したくても隠せる服が着られない場合もあります。うちは長ズボンもスパッツも履くことが出来るので、アニメで見たようなスカートが着たい日には組み合わせるよう助言しています。

体操服の短パンが無防備

スパッツといえば学校指定の体操服。短パンって隙間から丸見えな事に気がついている保護者さん多いですよね!

「考えたこと無かった」って方も大丈夫です。今日から対策のために動けば安全に近づきます。育児なんて自営業と似ていて、トライ&エラーしか方法が無いので落ち込む必要は無いです! 反省して改善策を実行、これだけです。

短パン対策で私が使っているのはコレ↓

 

一分丈だとパンツと差がありません、擦れたら丸見え……。3分丈の裾を折るくらいがちょうど良かったです。

もう……、制服デザインって卓上の空論なんですかね? (ちょっと愚痴りました)

デリケートな部分に触れる下着

外に着る服は雑なのですが、肌に触れる下着は気を遣っています。ホルモンバランスが崩れる原因を蓄積させてたりしたら悲しいので「たぶん日本人の子どもが嫌いでは無い人達が作ったであろう……」愛のある製品を買います汗。ここは賭けです。

最近よかったのはコレです↓

 

激安な子供服屋さんとさほど変わらない価格なのに、洗っても洗っても型崩れしていません。着心地も良いようで、アニメのキャラクターが付いていないので初めは乗り気ではありませんでしたが、肌ざわりが良いらしく最近よく着ています。

男の子用はコチラです↓

 

同じショップの男の子用です。下着メーカーさんのお店みたいで、作っている工場という訳では無いのですが、日本製であることを確認しやすいポジションでの販売店だと思います。

オシャレが好きな子ども

思うままに服をコーディネートする私の子ども。志茂田景樹さんや忌野清志郎さんを彷彿とさせるアートな服装が日常です……汗。毎朝、ちょっと奇抜でびっくりしますが自分の感性がときめく組み合わせ。私と趣味が違いますが、良いなぁと思った点を見つけて褒めています。

服を通して自己肯定感を高めておくと、これから集団生活で「変なの」だの「ダサい」言われても自分の好きに自信が持てるんじゃないかなぁと(願いつつ)見守り続けていきたいです。

ダサいと言えば……すでに年少さんの時、言われて泣かされてました。どこにでも他人に厳しい女子はいるのですね笑

コメントを残す

*